利用金額

見上げるビジネスマン

税理士が仕事を受けて報酬を受け取る場合の平均的な相場ですが、報酬金額を決める際には売上高によるものと、作業量によるものとによって決まります。 また顧客とする対象が法人化、個人かによっても変わってきます。 月々定期的に行う業務(顧客の訪問、記帳代行、給与計算など)と、年に一度行う業務(年末調整、決算業務・確定申告、消費税申告など)があり、一般的にはそれらを一式ひとまとめで、顧問契約時に依頼しています。 定期訪問(顧問料)ですと、一回について5000〜10000円、記帳代行で月に5000〜10000円、給与計算は人数によって変わります。 また、年一回の業務は税理士の報酬のメインと言ってもいい報酬を受けていて、決算に至っては月額顧問料の4〜6ヶ月分程度を受けています。

しかし、顧問先とする法人や個人によっては業務内容によっては、必要とする仕事としつようとしない仕事があります。 また、他の税理士と比較した結果、高い金額で依頼していることがありえます。よって現在顧問契約している税理士の顧問料の見直しを希望する場合、支払っている顧問料を抑える希望があるときは、業務内容・量の削減、他の税理士との業務内容、報酬の比較をして、現在の顧問税理士に報酬の変更の打診をしてみる事が必要です。 税理士からしてみても顧問先の仕事を丸抱えするよりも、その会社にとって必要な仕事に対して報酬を請求することのほうが効率的になります。 報酬は、以前のように一社、一個人丸抱えから業務を細分化して、その業務ごとに報酬を受けるものに変わりつつあります。